LINE予約

肋間神経痛

背中に起こる痛みにお悩みの方へ

脇腹を抑える男性

背中から胸に痛みがある場合、肋間神経痛の可能性が考えられます。

肋間神経痛とは、肋骨の近くにある肋間神経という神経に障害が起こっている状態です。

背中やわき腹あたりに痛みが生じるため、腰痛や背中の筋肉疲れと考えて放置してしまう方も少なくありません。

しかし、肋間神経は放置しておくと、痛みが広がって足なども痛むことがあります。

病気が原因で発症することもあれば、生活習慣に原因が関係していることも

あるため、原因や特徴を知って痛みに対処していきましょう。

contents

    trouble

    • わき腹あたりに痛みがある

    • 息を吸うと胸に痛みが生じる

    • くしゃみをすると痛みが強まる

    • 痛みで横向きに眠れない

    • 湿布を貼っても痛みが取れない

    • 肋間神経痛を繰り返している

    symptoms

    肋間神経痛は、名前の通り神経障害の一種です。

    肋骨近くの神経に生じるため、背中やわき腹に症状が出現します。

    肋間神経痛の症状の特徴や、発症原因についてみていきましょう。

    背中の痛みを感じている女性

    肋間神経痛の症状・特徴

    肋間神経痛は、肋間神経という神経に痛みが起こる状態です。

    肋間神経の役割や、症状の特徴は次のとおりになります。

    肋間神経痛とは

    肋間神経は肋骨の間を通る神経です。

    脊髄から肋骨にかけて伸びる末梢神経になっており、身体の右側と左側に分布されています。

    肋間神経は胸部・廃部・腹部の皮膚の知覚を司る役割を担っています。

    また、背中やお腹、肋骨まわりの筋肉の運動にも関係する神経です。

    肋間神経痛の症状

    痛みについて

    背中から胸を通る神経の障害なので、背中脇腹に痛みが出現します。

    左右どちらかにのみ痛むことが多いです。

    症状には個人差がありますが、ズキズキとした痛みビリビリと電気が走るような痛みを覚えます。


    症状が出るタイミング

    肋間神経痛はくしゃみ深呼吸など肋骨まわりに負荷がかかった際に痛みが出現します。

    また、前かがみ寝返りなど特定の姿勢でも痛みます。

    Cause

    肋間神経痛が生じる原因は明確になっていませんが、次のようなことが関係していると考えられています。

    ストレスを感じて頭を抱える女性

    脊柱の病気

    胸椎椎間板ヘルニアにより、背骨付近を走行する肋間神経が圧迫される場合があります。

    脊柱の病気の発症には、加齢や背骨への負荷の積み重ねが原因に考えられています。


    その他、老化にともなう背骨の変性で神経が圧迫される「変形性脊椎症」も、肋間神経痛を起こす病気として挙げられます。

    オフィスで頭を抱える女性

    ストレス

    人間関係や仕事のストレスがあると、自律神経に乱れが生じます。

    自律神経は脳から脊髄を通って全身に流れているため、肋間神経にも影響を及ぼして肋間神経痛を引き起こすことがあります。

    デスクワークをする女性

    長時間のパソコン作業

    デスクワークなどで長時間パソコン作業を続けていると、姿勢が崩れます。

    背中が丸まって肋骨が圧迫されるような姿勢になるため、肋間神経も圧迫を受けて痛みが出現します。

    パソコン操作で猫背になる女性

    不良姿勢

    日頃から猫背姿勢になっていると、胸の筋肉が緊張して硬くなってしまいます。

    そうすると肋間神経が緊張した筋肉に圧迫されるため、痛みが生じるようになります。

    腰をおさえる女性

    ヘルニア

    頸椎や胸椎にヘルニアがあると、背骨に変形が生じます。

    背骨が変形すると神経が骨や筋肉に挟まれてしまうため、締めつけによって痛みが出現します。

    肋骨を押さえる女性

    病気の場合

    水筒帯状疱疹ウイルスに感染すると、神経にウイルスが潜伏します。

    ストレスや疲労を感じると免疫機能が低下し、痛みを皮膚に発生させます。

    肋間神経にウイルスが潜伏している場合、肋間神経痛を引き起こします。

    similar symptoms

    類似症状の例

    帯状疱疹

    身体に潜伏していた水疱瘡ウイルスが活性化して起こる病気です。

    皮膚や神経が刺激されることにより、発疹や肋間神経痛の症状が引き起こされる場合があります。

    加齢にともなう免疫力の低下が原因に考えられており、中高年の方に多い傾向があります。

    内科的疾患・心臓の問題

    わき腹や背中の痛みを引き起こす病気に、次のものが挙げられます。


    ・気胸

    ・肺炎

    ・狭心症

    ・心筋梗塞

    など


    内科的疾患によるものは、肋間神経痛と比較して痛みが不明瞭になりやすいといわれています。

    RECOMMEND

    次の症状が当てはまる方は「鍼灸メニュー」「整体メニュー」へ

    • 動かすと肋骨あたりが痛む

    • 胸の筋肉が硬くなっている

    • 背中の筋肉に張りを覚える

    • 猫背姿勢がくせになっている

    APPROACH

    肋間神経痛は神経の圧迫が緩和されると症状が軽減されます。

    日常のケアでも神経の圧迫を緩和させるようにすることで、症状の軽減が期待できます。

    また、肋間神経痛は繰り返すこともあるため、予防も心がけるようにしましょう。

    慢性

    医療機関に行く

    激しい痛みがある場合には速やかに医療機関に行って処置を受けましょう。

    痛み止めの薬やブロック注射で痛みを鎮めることにより、スムーズに症状が改善されるケースが多くあります。

    痛みがストレスとなり、より状態を悪化させるケースも見受けられるため、放置しないようにお気をつけください。

    慢性

    身体を温める

    身体を温めることで血流が促され、緊張している筋肉が和らぎます。

    そうすることで肋間神経への圧迫も緩み、痛みの緩和が期待できます。

    慢性

    ストレッチ

    ストレッチにより筋緊張による神経の圧迫を緩和されます。

    肋骨まわりや胸部のストレッチを行いましょう。


    肋骨まわりのストレッチ法

    ①右手を右肩に、左では右の腰骨あたりに置きます。

    ②右手と左手の間を引き離すように身体を真横に倒していきます。

    ③20秒ほど姿勢を維持し、反対側も同様に行います。


    胸部のストレッチ法

    ①両足を肩幅に開いて立ち、身体の背後で両手を組みます。

    ②両手を後ろ向きに伸ばすようにして胸を開きます。

    ③胸を天井に向けるようなイメージで胸部をストレッチします。

    慢性

    ストレスの解消

    ストレスがある場合、解消することで自律神経が整い、肋間神経痛の緩和が期待できます。

    入浴運動趣味の時間を作るなど、自分なりのストレス解消方法を行ってください。

    PREVENTION

    肋間神経痛は日常の習慣が関係していることも多いため、繰り返さないように日頃から予防を心がけることも大切です。

    01

    身体を冷やさない

    身体の冷えから血行が悪くなり筋肉の柔軟性を低下させる場合があります。

    衣服や暖房などを調整して、日常生活で身体を冷やさない工夫をしておきましょう。

    02

    同じ姿勢で過ごさない

    長時間の同一姿勢は、背中やわき腹の筋肉をこわばらせてしまいます。

    デスクワーク中も1時間を目安に休憩を入れて、大きく伸びをしたり、首や肩をぐるぐる回したりと身体を動かして、身体が固まらないようにケアしましょう。

    03

    ストレスを発散する

    ストレスを溜めてしまうと、交感神経が優位に働き身体の緊張を強めやすくなります。

    ゆっくり入浴する、映画鑑賞する、近所を散歩するなどして、ストレスはこまめに発散しておくことをおすすめします。

    04

    睡眠時間を十分に確保する

    睡眠不足は、疲労の蓄積につながってしまいます。

    疲労が溜まることで、背中や肋骨まわりの筋肉が硬くなる場合もあります。

    夜更かしは避けて、毎日6〜8時間はしっかり眠るようにしましょう。

    05

    適度に運動を行う

    適度な運動は筋肉の柔軟性や筋力を高め、肋間神経の圧迫を防ぎます。

    ウォーキングヨガなど簡単な運動を継続的に行うことが大切です。

    06

    食事療法

    ビタミンC・Eには痛みを緩和する作用が期待できます。

    また、栄養バランスが整った食事は血流不良の予防にもなり、肋間神経痛のリスクを軽減させます。

    Q&A

    Q

    肋間神経痛は自然に改善されますか?

    A

    症状が自然に緩和することはありますが、根本の原因から改善しないと再発します。

    Q

    肩こりと肋間神経痛は関係ありますか?

    A

    姿勢の悪さから肩や背中がこっていると、筋緊張が拡大して肋間神経を圧迫することがあります。

    Q

    肋間神経痛はどんな痛みを覚えますか?

    A

    針を刺すような痛みや、電気が走るような痛みを覚えます。

    Q

    肋間神経痛が起こる前兆はありますか?

    A

    前兆はなく、いきなり痛みが生じます。

    Q

    肋間神経痛を放置するとどうなりますか?

    A

    症状の改善までに時間がかかるようになります。

    また、病気が原因の場合や肋間神経痛とは異なる病気の可能性もあるため、放置せずに当院へご相談ください。

    Q

    肋間神経痛は医療機関と接骨院のどちらへ相談すべきですか?

    A

    肋間神経痛の症状以外にも皮膚のかゆみや水ぶくれ、発熱などがある場合は医療機関へ相談すべきですが、肋間神経痛による痛み症状は接骨院へご相談ください。

    Q

    妊娠と肋間神経痛は関係ありますか?

    A

    妊娠してお腹が膨らむことでお腹の内側から圧力がかかり、肋間神経痛を発症するようなことがあります。

    Q

    接骨院では肋間神経痛にどんな施術ができますか?

    A

    電気療法による痛みや炎症の除去や、手技による筋緊張の緩和、予防に向けた身体のゆがみを整える施術を行います。

    Q

    どんな人に肋間神経痛は起こりやすいですか?

    A

    ストレスのある方、姿勢が悪い方、デスクワークの多い方などが挙げられます。

    Q

    肋間神経痛の施術は保険適用されますか?

    A

    痛みが発生した状況によるため、ご相談の際にお身体の状況と合わせてお尋ねください。

    author

    からだ接骨院 王子公園院 院長

    阪本 龍之介 (Ryunosuke Sakamoto)

    資格

    ・柔道整復師

    ・鍼師

    ・灸師

    ・高校体育教諭

    経歴

    ・2011年

    宝塚医療大学 入学

    ・2015年

    宝塚医療大学 卒業

    ・2015年

    平成医療学園専門学校 入学

    ・2018年

    平成医療学園専門学校 卒業

    ・2018年

    株式会社Rieden 入社

    メッセージ

    患者様が笑顔で帰っていただけるように精いっぱい施術だけでなく、患者様のやりたいことに全力で向き合っていきます!

    Features

    POINT 01

    最新治療機器の導入や、スタッフ一同が技術向上のために定期的な勉強会を開催しています。

    お客様にとって最高の整骨院を目指すため、日々精進しております。

    POINT 02

    施術を始める前に入念に検査・カウンセリングを行い、患者様が悩まれている症状をしっかりと把握していきます。

    それを踏まえて、一人ひとりに合った最適な施術プランをご提案いたします。

    POINT 03

    お客様の症状や身体のことについて丁寧かつわかりやすく解説いたします。

    再発しないための予防策など、アフターケアもお任せください。

    POINT 04

    「からだ接骨院 王子公園院」では大人気の「楽トレ」を完備しております。

    リハビリやケガの予防、美容、インナーマッスルを鍛えたいお客様に大変ご好評をいただいております。

    POINT 05

    予約優先制なので、ほとんど待ち時間なく施術へご案内いたします。

    POINT 06

    ベビーベッドを完備しているため、小さなお子様連れのお客様にも安心してご来店いただけます。

    受付スタッフがお子様のお世話をいたします。

    POINT 07

    清潔感を常に意識しております。

    快適に気持ちよくご利用していただくため、お客様目線で店内の隅々まで目を光らせております。

    Karada Sekkotsuin Ojikoenin

    img1
    住所

    〒657-0831
    兵庫県神戸市灘区水道筋5-3-4

    最寄駅

    阪急電鉄・神戸線「王子公園駅」
    徒歩4分

    駐車場

    近隣のコインパーキングあり
    (周辺のタイムズと提携しております)

    受付時間
    10:00~13:00
    15:00~20:00

    ▲14:00~18:00
    ※祝日も通常営業しております。

    CONTACT

    電話でのお問い合わせ

    078-855-3218
    月~金:10:00~13:00/15:00~20:00
    土曜日:10:00~13:00/14:00~18:00
    ※祝日も通常営業しております。

    〒657-0831
    兵庫県神戸市灘区水道筋5-3-4

    24時間ご予約可能!

    からだ接骨院王子公園院公式LINE

    TOP