LINE予約

腰痛

腰痛が慢性化していませんか

腰まわりに痛みを覚えている女性

腰の痛みでお悩みの方は多いのではないでしょうか。

慢性的な腰痛があると、座りつづけることや立ちつづけることがつらくなります。

そのため、デスクワークや家事など日常生活でも支障をきたしてしまいます。

腰痛の原因は日常生活の習慣に関係していることが多いです。

ご自身の腰痛の原因を探り、根本の原因から腰痛の改善を目指しましょう。

当院では、筋肉や骨格など身体の内側から腰痛にアプローチしていきます。

contents

    trouble

    • デスクワークで腰が重くなる

    • 長時間歩くと腰が痛くなる

    • 背中から腰の筋肉が張っている

    • 朝起きるといつも腰が痛い

    • マッサージで腰痛が改善しない

    • 腰痛は改善しないと諦めている

    symptoms

    腰痛とは、腰の痛みの総称です。

    ぎっくり腰やヘルニアなども腰痛に含まれますが、一般的には慢性的な腰の痛みを腰痛と呼びます。

    慢性腰痛が起こる原因や症状の特徴についてみていきましょう。

    急な腰痛に苦しむ男性

    腰痛の症状・特徴

    腰の役割と腰痛の種類や特徴についてご紹介します。

    腰の役割

    腰は上半身と下半身をつなぐ身体の中心部分です。

    土台として上半身の体重を支え、下半身とのバランスをとっています。

    そして、歩く際には地面から伝わる衝撃を腰で受け止め、上半身に衝撃が響かないようにする役割も担っています。

    そのため、腰には日常的に負荷がかかっているといえます。

    そこへ「腰を曲げる」「腰をひねる」など日常の動作でも腰が使われることが多く、負荷が蓄積されることで腰痛が起こってしまいます。

    腰痛の種類

    特異的腰痛

    医療機関の検査で異常をみつけられる腰痛で、ヘルニア脊柱管狭窄症などが挙げられます。

    強い痛みをともなうことや、動くことで痛みが悪化する傾向にあります。


    非特異的腰痛

    医療機関の検査で異常をみつけられない腰痛で、多くの腰痛は非特異的腰痛だといわれています。

    腰まわりの筋肉が緊張しているため、腰から背中の筋肉に張り感を覚えます。

    慢性的に腰まわりが重だるいような感覚になります。

    Cause

    腰痛の原因は、おもに「日常生活」「仕事」「スポーツ」といった習慣に隠れています。

    前かがみの不良姿勢でパソコン作業をする男性

    日常生活によるもの

    不良姿勢

    姿勢が悪いと身体の中心の腰には大きな負担がかかります。

    その負担が蓄積され、筋緊張から腰痛が生じます。

    とくに猫背や反り腰の姿勢になっている方に腰痛が起こりやすいです。


    筋力低下

    姿勢は筋肉で支えられています。

    そのため、筋力が低下すると姿勢も悪くなって腰への負担が大きくなり、腰痛を引き起こします。


    肥満体型

    腰は上半身の体重を支えています。

    体重が増えるほど腰にかかる負担は大きくなるため、肥満体形の方は腰痛が起こりやすいといえます。

    ゴルフのスイングをする男性

    スポーツによるもの

    動作による負荷

    腰を捻る動作の多いスポーツでは、腰に負担がかかりやすくなっています。

    テニスゴルフといったスポーツでは腰痛が起こりやすいです。


    疲労の蓄積

    腰への疲労は休息睡眠によって回復されます。

    しかし、しっかり休息や睡眠がとれていないと腰には疲労が蓄積されてしまい、腰痛が起こります。

    段ボールを運ぶ男性作業員

    仕事のよるもの

    長時間の同一姿勢

    仕事で長時間同じ姿勢をつづけると、腰に負担が蓄積されて腰痛を招きます。

    とくにデスクワーク長距離運転の場合、座り姿勢によって腰の負担が大きくなります。

    また、立ちっぱなしの仕事でも姿勢が崩れやすく、腰痛が起こりやすくなっています。


    重労働

    重い荷物を運ぶなどの重労働では、腰にかかる負担が大きいため腰痛を起こしやすいです。

    similar symptoms

    腰痛だと思っていたら、病気の症状の1つだったというケースもあります。

    腰痛が生じる病気には、次のようなものが挙げられます。

    類似症状の例

    内臓疾患による腰痛

    内臓に何らかの病気があると、神経の圧迫などが原因で腰に痛みが生じることがあります。


    心筋梗塞

    心臓の筋肉である信金への血流が途絶えてしまう病気です。

    心筋梗塞の場合、締めつけられるような背中や腰の痛みを覚えることがあります。


    膵臓炎

    膵臓炎は、ウイルスや胆石など何らかの原因で脾臓に炎症が起こっている状態です。

    背中の痛みや、黄疸などの症状をともないます。


    十二指腸潰瘍

    十二指腸潰瘍は、ピロリ菌の発生で十二指腸の壁に傷がついてしまっている状態です。

    空腹時や夜間に腰痛が起こるという特徴があります。

    RECOMMEND

    次の症状が当てはまる方は「接骨メニュー」へ

    • 急に腰の痛みが生じた

    • 腰まわりに熱を感じる

    • 腰の痛みで動きに制限が出る

    • 腰周りの筋肉が硬くなった

    次の症状が当てはまる方は「鍼灸メニュー」「整体メニュー」へ

    • 筋肉が張っている

    • 腰に重だるさがある

    • 可動域が狭まっている

    • しびれ症状がある

    APPROACH

    腰痛は放置すれば慢性化してしまい、つらい症状がつづきます。

    セルフケアで症状の緩和を目指しましょう。

    また、腰痛は繰り返し発生することも多いため日頃からしっかり予防することも大事です。

    慢性

    ストレッチ

    腰痛ではお尻太ももなどの筋肉が緊張しています。

    ストレッチで柔軟性を高めましょう。


    腰のストレッチ法

    ①椅子に座り、背筋を伸ばします。

    ②そのままゆっくりと腰を後ろにひねり、20秒姿勢を維持します。

    ③反対側も同様に行います。


    お尻のストレッチ法

    ①仰向けに寝て、片膝を両手で抱え、もう一方の足は真っすぐ伸ばします。

    ②ゆっくりと両手で抱えた膝を胸の方へ引き寄せます。

    ③お尻の筋肉が伸びていると感じるところで20秒ほど維持し、反対側も同様に行います。


    ハムストリングスのストレッチ法

    ①椅子に座り、片足をまっすぐ伸ばして前に出します。

    ②背筋を伸ばしたまま伸ばした足に向かって上半身を倒します。

    ③伸びて気持ちいと感じるところで20秒ほど維持し、反対側も同様に行います。


    太もものストレッチ法

    ①立った状態で片足をお尻に近づけるように膝を曲げます。

    ②曲げた膝側の足の甲を手で持ち、膝を後ろに引くようにして20秒ほど維持します。

    ③反対側も同様に行います。

    慢性

    適度な運動

    適度な運動は血流を促し、緊張した筋肉をほぐして腰痛の緩和が期待できます。

    ウォーキングヨガジョギングなど適度な運動を行いましょう。

    慢性

    病気による腰痛への対処法

    慢性腰痛とは異なる症状や違和感がある場合は、早急に医療機関の検査を受けてください。

    PREVENTION

    腰痛は日頃の心構えによって予防することもできます。

    01

    姿勢の意識

    姿勢が悪いと腰にかかる負担が大きくなり、腰痛が起こりやすくなります。

    猫背前かがみの姿勢にならないよう、日頃から正しい姿勢を心がけましょう。

    02

    ストレッチ

    筋肉が硬くなっていると負荷がかかりやすく、腰痛の発症リスクが高まります。

    日頃からストレッチで筋肉の柔軟性を高めるようにしましょう。

    腰痛の予防のためには、腰だけではなくお尻など他の部位もストレッチすることが大切です。


    お尻のストレッチ法

    ①床に座り、右足を左膝の上に置きます。

    ②そのまま左足を身体の方へ近づけます。

    ③お尻の筋肉が伸びていることを感じるところで20秒ほど維持し、反対側も同様に行います。


    腸腰筋のストレッチ法

    ①片膝立ちをして、身体を前に倒していきます。

    ②腸腰筋が伸びていると感じる姿勢で20秒ほど維持し、反対側も同様に行います。

    Q&A

    Q

    腰痛は放置するとどうなりますか?

    A

    慢性化してしまい、改善までに時間を要してしまいます。

    また、腰だけではなく全身にさまざまな不調が生じる原因にもなります。

    Q

    年齢も腰痛に関係しますか?

    A

    加齢にともない筋肉の柔軟性が低下するため、腰痛が起こりやすくなります。

    しかし、若年の方でも日常の習慣が原因で腰痛は起こります。

    Q

    腰痛の施術は保険適用されますか?

    A

    痛みが発生した状況によるため、ご相談の際にお身体の状況と合わせてお尋ねください。

    Q

    腰痛がつらいときはどうすればいいですか?

    A

    ストレッチなどで筋肉の柔軟性を高めましょう。

    痛みが強い場合は他の病気などの可能性もあるため、医療機関や当院へご相談ください。

    Q

    腰痛はどれくらいで改善されますか?

    A

    一度の施術で症状が緩和されることもありますが、根本から改善するには2~3ヶ月の通院をおすすめします。

    Q

    デスクワーク中に腰痛がつらくなるときはどうすればいいですか?

    A

    1時間ごとに立ち上がって簡単なストレッチをする、正しい姿勢でデスクワークをすることで症状の緩和が期待できます。

    Q

    腰痛の場合は冷やすべきですか?温めるべきですか?

    A

    慢性腰痛の場合は温めることで筋緊張が和らぎ、痛みの緩和が期待できます。

    Q

    医療機関で異常なしといわれた場合でも施術してもらえますか?

    A

    慢性腰痛の多くは医療機関の検査では異常がみられないことが多いです。

    当院では筋肉や骨格からアプローチして症状の緩和・改善を目指します。

    Q

    腰痛が緩和した場合、通院はやめても大丈夫ですか?

    A

    途中で通院をやめると腰痛が再発する可能性があります。

    再発予防のために定期的な通院をおすすめします。

    Q

    姿勢が悪くて腰痛が起こっているのですが、どうすれば姿勢を改善できますか?

    A

    当院では身体のゆがみを整える施術を行っています。

    author

    からだ接骨院 王子公園院 院長

    阪本 龍之介 (Ryunosuke Sakamoto)

    資格

    ・柔道整復師

    ・鍼師

    ・灸師

    ・高校体育教諭

    経歴

    ・2011年

    宝塚医療大学 入学

    ・2015年

    宝塚医療大学 卒業

    ・2015年

    平成医療学園専門学校 入学

    ・2018年

    平成医療学園専門学校 卒業

    ・2018年

    株式会社Rieden 入社

    メッセージ

    患者様が笑顔で帰っていただけるように精いっぱい施術だけでなく、患者様のやりたいことに全力で向き合っていきます!

    Features

    POINT 01

    最新治療機器の導入や、スタッフ一同が技術向上のために定期的な勉強会を開催しています。

    お客様にとって最高の整骨院を目指すため、日々精進しております。

    POINT 02

    施術を始める前に入念に検査・カウンセリングを行い、患者様が悩まれている症状をしっかりと把握していきます。

    それを踏まえて、一人ひとりに合った最適な施術プランをご提案いたします。

    POINT 03

    お客様の症状や身体のことについて丁寧かつわかりやすく解説いたします。

    再発しないための予防策など、アフターケアもお任せください。

    POINT 04

    「からだ接骨院 王子公園院」では大人気の「楽トレ」を完備しております。

    リハビリやケガの予防、美容、インナーマッスルを鍛えたいお客様に大変ご好評をいただいております。

    POINT 05

    予約優先制なので、ほとんど待ち時間なく施術へご案内いたします。

    POINT 06

    ベビーベッドを完備しているため、小さなお子様連れのお客様にも安心してご来店いただけます。

    受付スタッフがお子様のお世話をいたします。

    POINT 07

    清潔感を常に意識しております。

    快適に気持ちよくご利用していただくため、お客様目線で店内の隅々まで目を光らせております。

    Karada Sekkotsuin Ojikoenin

    img1
    住所

    〒657-0831
    兵庫県神戸市灘区水道筋5-3-4

    最寄駅

    阪急電鉄・神戸線「王子公園駅」
    徒歩4分

    駐車場

    近隣のコインパーキングあり
    (周辺のタイムズと提携しております)

    受付時間
    10:00~13:00
    15:00~20:00

    ▲14:00~18:00
    ※祝日も通常営業しております。

    CONTACT

    電話でのお問い合わせ

    078-855-3218
    月~金:10:00~13:00/15:00~20:00
    土曜日:10:00~13:00/14:00~18:00
    ※祝日も通常営業しております。

    〒657-0831
    兵庫県神戸市灘区水道筋5-3-4

    24時間ご予約可能!

    からだ接骨院王子公園院公式LINE

    TOP